« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

お色直し完了

Cimg1027 とりあえず、色変え完了。

FRPボンネットはちょっとした加工が残ってて未装着なので、ボンネットのみ元色の黒のまま。一瞬、カーボンボンネットのように見える。これはこれでいい感じ?

それより塗り終えてからあることに気づいてしまった。微妙に白すぎる??調合してもらった塗料屋に問い合わせたら、一応数値どおりに調合してあるとのこと。でも、どう見てもチャンピオンシップホワイトじゃない。並べて比べたら明らかに違う。くそー!!!!やられたよ!ネットで探した塗料屋(と言うか個人)なのでクレームのつけようがないし、もう塗ってしまったのでどうにもならない。つか、もう塗り直す気にならない。あーあ、諦めるしかないな。

完全に仕上がったら全体画像をUPします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

エンジンマウント

Cimg1024 頼んであった強化エンジンマウントができた(1枚目画像)。ノーマルマウントの隙間に2液性の何か(よく知らん)を流し込んで硬化させたもの。以前はジュラコンなどの素材を削り出し、ノーマルのマウント枠にはめ込む物が主流だったが、最近は流し込むタイプが多い。ジュラコン削り出しだとメジャーな車種はいいが、マイナー車だと当然ワンオフになり気軽にはできなかった。しかし、この流し込み方式ならとても簡単にできる。素人レベルでもできる作業じゃなかろか。ヤフオクでも買えるしね。

Cimg1025 以前はご多分にもれずジュラコン?・・・ではなくMCナイロン削り出しのマウント(2枚目画像)を使っていたが、あまりの振動と騒音に耐えられず、無限のマウントに戻してしまった。決して静かではない排気音なのに、それが聞こえないほど振動音のほうが大きくて、乗ってても不愉快極まりない。分かりやすく言えば「ブオン、ブオン」ではなく、「ゴゴー、ゴゴー」なのだ。

今ついてる無限でも悪くはないんだけど、もう少し剛性感が欲しくて、強化マウントを作ってもらったのだ。そもそも、無限と言っても10年以上前の製品なのでゴムも劣化していることだろうし。

近日中に装着するつもり。

塗装のほうは、結局塗りなおしてしまった。でも同じようなレベルかも?納得できる仕上がりではないが、もう塗りたくないので、諦めた。ま、気にしないことにしよう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

メインサイトの

Hp80000 キリ番(80000)ゲット~

って、自分で踏んでどうする!?gawk

| | コメント (2) | トラックバック (0)

塗った!けど・・・

Cimg1018 ボディを塗った。

仕上がりは・・・いまいち。

垂れを恐れてシンナーでの希釈率を少し濃い目にしたら、やはり塗装面が微妙にうねってしまった。それなのにあちこち垂れてしまって、何のためにあえて濃く吹いたか訳分かんね。

天気は良かったのだが結構風があり、吹き込みまくりの広い車庫での作業をあきらめて、狭い車庫でやったのが悪かった。ほんとに狭い所なので、体の自由度が効かず平らにガンを動かせない。

ペーパーとコンパウンドでどこまでごまかせるか。それとも塗り直しか・・・

条件のいい日を選んでやれればいいのだけど、限られた休日での作業なのでしかたないよな~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

いよいよ

Cimg1017 ようやく本体の下地処理が終わった。

エクボ傷が結構あったし、リアスポの穴を埋めたりしたので、それに結構手間取ってしまった。ついでにテールゲートの「HONDA」と「BALLADE SPORTS」のエンブレム穴も埋めちゃった。

マスキングも細かいところのテーピングは終了しているので、あとは大きな面を覆うだけ。

いよいよ明日は塗り作業だ!

画像は今日のもの。なんか怪しい車だな~。

バンパーがないと余計にコンパクトに見えて、結構いい感じ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

陸事でのお話 その2

Cimg1013 数年前から車検更新時や新規車検時に自動車リサイクル料金を払わねばならなくなったのは周知のことだが、これは3年間の時限措置だったらしく、1月31日をもって「車検時」の預託は必要なくなったらしい。今後は「廃車引取り時」に支払うことになるそうだ。詳しくはコチラ

今回、バラードの登録にあたり、リサイクル料金も払うつもりでいたので、何だかすごく得した気分だ。だって、今後は「廃車引取り時」に払うのだから、もう払う必要がないからね。

え、意味分かんないって?

廃車引取り=解体処分なんて未来永劫するわけないっしょ!

だから払う必要が無いと言うわけ。永遠にね♪

画像は昨晩のバラードの様子。ついに本体の塗装作業に着手したのだ。と言っても下準備の段階だが。ついでにリアスポとリアワイパーを外した。リアスポを留めてた穴をパテ埋めしようと思ったが、あまりの寒さに断念。明日、日中にやろうと思う。

今週中には真っ白に変身するぞ~!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

念願の出会い

以前、バンパーの記事へのコメントで教えていただいたkakepiさんのサイト。バラードに関するサイトはほとんど知ってるつもりだったが、ここは全くの盲点だった。kakepiさんがバラードを入手するのと前後して自分のほうはクラッシュさせてしまったからだ。で、このサイトを見て衝撃を覚えた。以前から自分の思い描いていたバラードの理想形がここにあったのだ。前後フェンダー、ステップ、リアバンパーは無限エアロを使い、フロント周りは純正をアレンジするもの。それは後期純正マスク、前期バンパーに純正オプションのアンダースポイラー。そう肝はこのアンダースポイラーだ!以前から欲しくてずっと探していたが、これまで実物を見ることすらなかった。それがここにあったのだ!画像を見た瞬間から居ても立ってもいられなくなり、失礼とは思いつつ直メしてしまった。「ぜひ見せてください!」と。

いきなりの不躾なメールにもかかわらずkakepiさんは快くOKしてくれた。メチャクチャうれしかった。それで早速今日、お邪魔してきた。偶然にもkakepiさん宅はお世話になっているレース屋さん(パワーボックスレーシング)からほど近い場所。自宅から1時間弱で到着。着くと挨拶もそこそこにバラードに目を奪われてしまった。

Cimg0989_2 おー!まさにこれ!自分の理想の形!ありきたりの言葉では表現できないくらいすばらしい!早速写真を撮らせてもらう。全体から始まり、アンダースポイラーの前、横、斜め、取り付け方法など細部に至るまで撮影した。なぜなら・・・「手に入らないものは作る」ためにだ!ダンボールやウレタンフォームを駆使してでも同じデザインの物を作るのだ。そんな必死の自分を見て憐れに思ってくれたのか、なんと「型取りしてもいいですよ」とkakepiさんがおっしゃってくれた。

ま、まじっすか!?型取りできるなら、自作するのにこれ以上手っ取り早い方法はない。ダンボール作戦もワンダー用改造計画もいっぺんに吹き飛んでしまった!天にも上るほどうれしい!本当にありがたいっす。

その後も時間がたつのを忘れて車談義に花が咲いてしまった。バラード以外にもNSX(!)やデルソル、モビリオなどを所有し、自ら専用ガレージを建築してしまったkakepiさんだけあってとても造詣が深く、楽しくお話をさせていただいた。お互い寒くてブルブル震えながらもいつまでも車を眺めながら話していたのだった。

Cimg1002 日も暮れかけてきたので、アンダースポイラーの型取りは後日させていただくことにし、最後に3台並べて記念写真を撮って帰途に着いた。

いやー、本当に楽しかった。初対面なのに丁寧に対応してくださって、しかも大切なパーツをお貸しいただけるとのお言葉。感謝の念でいっぱいです。ありがとうございました。

非常に充実した一日(半日?)だったどー!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

陸事でのお話

ボンネットピン
最近、FRPボンネットを装着した際に取り付けるボンネットピン(ボンピン)が車検に通らないと言う話があちこちから聞こえてくる。
実際、知り合いの店には陸事からボンピン禁止の旨の通達があったと言うし、本当ならば競技車にとって面倒なことになる。本当にダメならフラットタイプに付け替えなければならないが、かなり面倒らしい。真偽のほどを確かめるべく、検査待ちの間に近くを通りかかった検査官に聞いてみた。
回答は「よほど変な取り付けをしていない限りOK」とのこと。変な取り付けとは、例えば側面につけてあるとか、前面につけてあるとかというニュアンスのようで、ボンネット上なら問題ないと思われる。
ただ最近の車はヘッドライトまでひとつの面で構成されていてるのも多く、そういった車両では前面についていると判断されるかもしれない。例えばコレとか。
それからこれはあくまでも宇都宮での話なので他の支局ではまた違うかもしれない。

車検証
検査も無事終わり、いよいよ車検証の発行だ。間違いがないか確認してくださいと言いながら係員が手渡してくれた。
今回、乗車定員の変更(4名→2名)があるので、車重を測定したし、新規車検なので車体外寸も測られて、検査表(ラインでの検査結果が書かれる紙)には車重がマイナス70kgの830kg、車高がマイナス5cmの124cmと記入されていた。
なので車検証を確認する際、真っ先に乗車定員と車重、車高の欄を見た。よしよし乗車定員はちゃんと2名になっているな。
車重と車高は・・・え?変ってない!?
抹消登録証と同じ数値のままだ。すぐ窓口に引き返し、その旨を告げると係員は慌てながら「あれ?ちょっと待って・・・あ、すぐ直しますからちょっと待ってて」だって。
しばらく待った後、車検証が交付。さすがに今度はきちんと直っていた。
しかし、普通の人は住所氏名の確認くらいでこんなところには気付かないよな。そしたら誤った内容の車検証が正しい物になってしまうのか。おーこわ~。
車検証の内容はきちんと確認しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

公道デビュー!

Cimg0988

2月14日、陸運事務所で車検を受け新規登録した!平成10年の抹消から丸10年、ついに復活の時がきた。

11月にテスター屋さんでラインを通した時、排ガスが基準を超えていたのは前にも書いたが、それから何の対策もとっていないのでちょっと不安があったが、何とかなるだろうと軽い気持ちで陸事に向かった。

まずは書類を書く。代書屋さんで書いてもらえば簡単なのだが、手数料がもったいないので、自分で書く。今回、乗車定員の変更(4名→2名)も同時に行うので、なおのこと手数料がもったいない。記入例を見て、分からなければ係りの人に聞けば何とかなる。

いよいよラインを通す。乗車定員の変更があるので車重を測らねばならず、でかい体重計のような計測器のある第1コースに並ぶ。これが誤算だった。他のラインはすべて自分で検査をして、ハンコも機械が押すのだが、このラインは検査官が結果を見てハンコを押してくれるのだ。ってことは…排ガスクリアの裏テク(プローブ浅突っ込み)が使えないじゃないか!

サイドスリップ、ブレーキ、スピードメーター、光軸、すべてクリア。そしていよいよ問題の排ガス。運を天に任せ、ガス濃度の表示を見るが・・・

ダメだ~、COが5以上ある。上限が4.5なので微妙にアウト。 「4時までなら何度でも検査できるから調整してまた来てね」と検査官がフレンドリーに言う。 調整ったってこの場では触媒をもっと暖めて活性させるしか方法はない。とりあえずアクセル吹かしてもう一度トライする。

Cimg0985検査待ちの列に並んでいる時からブアンブアンとレーシングしまくって、少しでも触媒を冷やさないようにする。「空ぶかししないでください」という看板など無視。こうなったら周りの人たちの迷惑など顧みずだ。

そしてラインに入りガス検の場所に直行。検査官がプローブをマフラーに突っ込む。頼む!通ってくれ!祈るような気持ちでデジタル画面の表示を見つめる。 と、数字は3.5付近を行ったり来たり!「あー、少し良くなりましたね。ま、いいでしょう」と言いながらガシャンとハンコを押してくれた。 よかったー!マジでよかった!今まで何度も車検を通したが、これほどうれしかった事はない。

その他の項目はすべて問題なく、無事合格!晴れてナンバーがついた。ちなみに希望ナンバーで前のバラードと同じ数字にしてもらった。「栃」から「宇都宮」に変わったが、魂は受け継がれたぞ。

Cimg0987 そうそう、最近は社外マフラーはすべて音量を測るようだ。ハンディカラオケみたいな測定器をマフラーの出口付近につけ、検査官がアクセルを開けていく。全開までは回していないが、そこそこ回転を上げて測定するようだ。実はマフラーをフジツボレガリスに替えて行ったので、余裕でクリア。いつも着けているワンオフのステンマフラーでも全然大丈夫だとは思ったが、念のためにね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

色変えその2

Cimg0984 今日、前後バンパーとボンネットを塗った。

これで、スペアパーツの塗りは終わり。

後は現車から外せない部分(ドア上部、ルーフ、リアフェンダー、リアハッチ)だけだ。

あと一日で終わるかな?

そう言えば、ちょうど作業開始と同時に雨が降り出し、終わると同時に止んだ。実は自分、強烈な雨男なので珍しいことではないが、今日に限っては良かったかも。風が吹いても埃が舞わないからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

色変え開始

Cimg0969 画像は8日(金)午後のもの。ついに塗装開始!この日は出勤だったが、快晴無風のあまりに良い天気だったので、いても立ってもいられなくなり、急遽半日(午後)休んでしまった。ああそうさ、オイラはダメ社会人さっ!(開き直り)

しかし、いざ作業を始めようとすると北風が強くなって作業場に吹き込んでくる。もちろんブースなど無く埃だらけのガレージの片隅で塗るので、風が吹き込むととんでもないことになる。一瞬やめようかとも思ったが、悔しいのでなんとしても塗る!

急遽ブルーシートで囲って簡易ブースを作ってみた。隙間だらけなのであらゆるところから吹き込んでくるが、それでも何もないよりはましだ。

床面に水を撒き埃が舞い立たないようにし、慎重かつスピーディに作業を進める。手間と時間をかけられないのであえてサフェは吹かない。元色がオレンジまたは黒なので厚塗りしないと下の色が透けてしまう。さらにクリヤー吹いたり、バフ掛けもしたくないので塗りだけでつやを出す!そのため余計に厚塗りしなければならないが、気温が10℃に満たないような悪条件のなかではとにかく塗料の垂れが一番の問題。垂れる限界ギリギリのところまで厚塗りするのだ。とにかく集中力の勝負だ。

とりあえず今回は、フロントマスク、左右フェンダー、サイドステップ、ドアパネルを塗り終えた。次の休みには前後バンパーとボンネットを塗るつもり。

仕事もこれくらい集中すればなぁ・・・(ダメ社会人)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

10年ぶり!

Cimg0966_2 今日、登録に向け、車庫証明の申請に警察書へ行ってきた。申請書書くのに抹消登録証を久々に引っ張り出してみたが、前回の抹消が平成10年だから丸10年ぶりの復活になる。うーん、感慨深いな~

実は登録せずSC車両(ナンバー無し改造車)とするか、登録してB車両(ナンバーつき車両・改造範囲は陸事車検に通ればなんでもOK)とするかかなり悩んだ。SCにすれば車検を取らなくていいから経費がかからず、改造範囲も広いので競技車両としてはいいことずくめなのだ。でも結局ナンバーを取ることにした。自分にとってのASは競技車両である前に趣味の車なので、公道を走れないのでは楽しみが半減してしまう。やっぱ車ってちゃんと公道を走れてなんぼだと思うから。来週か再来週にはナンバー取得するつもり。

そして作業のほうはオールペンの下準備をせっせとしている。外装部品をひたすらペーパーで磨いて足付けするのだが、地味な作業で果てしない気分になってくる。しかし、この地味な作業が仕上がりを左右するのだ。転倒したASから外した外装部品をそっくり使うので、現車はルーフ、ドア上部、リアフェンダーを塗ればいい程度。塗装の準備しつつも現車は動かせるのでいろんな意味で楽だ。

ちなみに塗り色はチャンピオンシップホワイト!

あ、オレンジにはしないよ。だって「競技車である前に趣味の車」だからね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

やっぱり・・・

Cimg0960 例の社外バンパーのメーカーに価格、納期を問い合わせてみた。あまり好きなデザインじゃないが、これしか可能性はないので。まあ、形状加工することもFRPならしやすいしね。

そして今日返事のメールが来た。たった1行のメール。

「すみませんこの商品は廃盤になりました、よろしくお願いします。」(原文のまま)

あ、やっぱり。そうだよね。ま、期待はしてなかったけど・・・

こうなったら、彼の地のゲテモノバンパーでも買うか!?

と、言いながら我に返って、前のASにつけてた前期バンパーを引っ張り出し、転倒の衝撃で割れてしまった部分を直してみた(画像)。パテが乾いたら整形してあとはオールペンじゃ~

追記:欧米か!?のサイトでバンパー探してたら、こんなの見つけた。これ売りもんだよなぁ?うーん、すごくね?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »