« 2009年6月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月25日 (日)

ラスイチにて衝動買い!?

買っちゃった。コレ↓
Dscn0072

街乗りGA2のハブベアリングを発注した時、ついでに在庫調べてもらったところ、
ご相談パーツだけど、実質上の生産中止とのメール回答。
ま、そりゃそうだよな・・・と思った次の文字に驚愕。

「でも、今ならラスト一個だけ在庫があるそうです」

バラード乗り、というか旧車乗りなら誰が弱い「絶版」の2文字に瞬殺。
その場で電話をかけ、興奮しながら「買う!」と叫んでいたのだった。

あ、実はこれ、後期AE、AF用。異型ライトに合う前期タイプのバンパーだ。
人気の前期リトラ用ではない。
在庫状況の件も、あくまで後期AE、AF用の話なので、くれぐれもお間違えのないように。

ちなみに前期バンパーは後期異型ライト車には付かない。ライトユニットに当たってしまうのだ。
かと言って、バンパーをカット加工しても微妙にチリが合わない。
見た目同じようで全然違うのだ。

基本的に後期の異型ライトが好きだけど、AS専用のでかすぎるバンパーは好きになれず、前後期折衷の後期AFルックが理想という、バラード乗りの中でも極めて少数派向けのお話。

余談だが、なんとこれ、メヒコ製だった。
Dscn0077

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

丸和オートランドの新コース

丸和オートランド那須といえば、国内屈指のダートラコース。

その丸和に新コースができるらしい。
ダートラじゃ、あんまり関係ないかな・・・と思っていたらなんとターマックコース!

http://www.dp-nasu.com/

山野哲也氏プロデュースだし、これは期待が持てそう!

で、実は丸和って職場から10分くらいの至近距離なのだ。
どんな様子なのか昼休みにちょっと抜けだして見に行ってきた。

それがコレ。

Dscn0910

整地が済んだ段階らしく、だだっ広い砂利の広場。
1月オープンというから、舗装はこれからか。

パドックと思われるスペースはもう舗装されていた。

Dscn0909
この奥にもっと広いパドックスペースがある。

しかし、コースとするにはちょっと狭いかな。
エスケープもあまりとれなそう。
ってか、逆に全面舗装のパイロンコースにしたらかなり面白そう。
でも、今どきパイロンコース=ジムカーナでは商売として成り立たないか。

とにかく、完成が楽しみだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

RB3オデッセイの車高

我が家のオデッセイ、普段は嫁さんが乗る純粋なファミリーカーなんだけど、やはり悪い癖というか、納車直後にもかかわらず車高を下げてしまった。

最初は某社(?鍋)のダウンサスを組んでみた。
このメーカーのサスにはダウン量重視で硬いのと、乗り心地重視でそこそこ下がって軟らかいのと2種類あるが、一応ここは乗り心地重視をチョイス。

ダウン量は3センチほど。引き締まって見えてちょうど良い感じ。これ以上下げると下品だし何よりちょっとした段差でも気を使わなければならない。
普段乗りのファミリーカーにはこれくらいがベストな車高だと思う。

ところが・・・乗り心地が悪い。
決して硬くはないのだが、揺すられ感が強い。
路面のギャップを吸収した後のおさまりが悪く、車全体が変な揺れ方をして感性的に気持ち悪い。
おそらくノーマルショックとのバランスが取れてないためか。

で、即効外してしまった。
ただしノーマルに戻すのだけはイヤだ。
車高調入れるにしても安物ほどダメな物はないので、入れるなら良いもの(高い)を選ぶべきだが、かといってそれほどの予算はないし・・・

で、選んだのがモデューロ(純正OP)のサスキット

車高は2センチダウンと必要にして十分。つか、ちょうど良いダウン量。
それでいて乗り心地はほとんど変わらない。むしろ無用なフワフワ感がなくなり、若干スポーティーな味付けでこちらのほうがいい感じかも。
価格もお手ごろ。
何より純正OPであるから耐久性、信頼性は絶対のものがある。

ちょっとだけ車高を下げたいRB3オーナーさん、これはマジでお勧めです。

↓ノーマル ↓モデューロ サスキット
Cimg1415_vga_2 Cimg1428_vga

↓で、こんな感じに
Cimg1426_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

アルフィンドラムがポン付けできなかったわけ

一般的にはポン付け可能と言われる初代インサイト用アルフィンドラムだが、自分のには付かなかった。
なぜか?

ずばり、バックプレートを新品交換していたから。

新車時装着の物とは仕様変更されたのか、縁のダストカバー?部分の厚みが違っていた。

百聞は一見にしかず。

↓まずは新車時装着の物(薄い)

Sany0026_2_2   

そして、補修部品(厚い)

Sany0025_2_2

そもそも、AS用と初代インサイト用のドラムはまったくサイズが同じわけではなく、ポン付けと言われる新車時装着のバックプレートでも実はこの部分がギリギリの位置関係、というか、実際は触ってるくらいなのだ。だから、少しでも厚くなれば即NGってわけ。

うーん、これは困った。せっかく買ったアルフィンドラム、なんとしても付けたい。
となれば加工するしかあるまい。

バックプレートのダストカバー?を取っ払うことも考えたが、ゴミや水が進入する可能性を考えると、それはとてもできない。やはり、正攻法でドラム側を旋盤で削るしかない。

知り合いのつてを頼ったりしながら、旋盤加工できる所をあちこち探しまくったが、ことごとく「無理」の回答。

ドラムの径が大きすぎて普通?の旋盤ではチャッキングできないらしい。
しかも削るところが1センチもない狭い隙間の内側なので、技術的にも難しいとのこと。

半ばあきらめていた時、職場に来ているアルバイトのおじさんに何の気なしに話してみたら、あっさりと「あー、それならできるよ」。
このおじさん、定年退職後、うちの職場でアルバイトしているのだが、その元の会社でできるとのこと。
なんと、まさしく灯台下暗し。

そして、加工したドラムがコレ

Sany0029_2_2

ここを1.2mm削って薄くしてもらったのだ。

そして晴れて装着!

Sany0034

参考になれば幸いで・・・って、バックプレート何ぞ普通は(ジムカーナ車じゃなきゃ)換えないか。
世間一般のバラード、ワンダーにはポン付けできるはずなので、みなさん御心配なさらずに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

2ヶ月放置で

4か月近くの間、どうしてたかというととにかく仕事。仕事、仕事の日々。

バラード君も2ヶ月も放置状態。

9月になりやっと余裕ができ、久々にエンジンかけて見たが、うんともすんとも。

当然のようにバッテリーがお亡くなりに。

それまでは価格に負けて台湾製の激安品を使用していたが、やはり1年ちょっとしかもたなかった。

なので、今度は多少高いけど世界の「ACデルコ」をチョイス。

どれだけ持つかな。

Ts380316そして9月に入ってから2戦終了。2位、4位といずれもしょぼい成績。

実は一昨日、その4位の試合があったのだが、ドライバーの余りのダメっぷりに我ながら愕然としてしまった。

←10月18日のイベントを終えて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あーあ・・・

4か月近く放置。

一部(極々?)の人から再開の要望があったので、早速意気込んで時間をかけて書いたけど、アップ直前に消えてもーた。

もうガックリ。マジで・・・

昨日に続いて凹みまくりの日々。

ブログ再開は更に先延ばしの悪寒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年11月 »