« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月28日 (日)

水没

昨日しばらくぶりにロドを動かそうとシートに座ったら、尻に冷たい感覚。

うおっ!と降りてシートを見たら水浸し。
クッションを取っちゃってるので表皮一枚だけだが、もうヒタヒタになってる。

フロアが水浸しってよくあるけど、シートにたまってるってどうなの?
しかもシートだけ。

もちろんウインドウを開けっ放しになんかしていないので、考えられるのは天井から?
でもハードトップだし、雨漏りした様子も見受けられない。

うーん…謎だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

また増えちゃった

今日はこれ↓を引き取りに横浜まで。
Ts380375

といっても車を手に入れたわけではない。
ん~・・・どちらかと言うと「預かった」、のほうが近いのかな。
自分の物のだけど自分の物じゃないので。
(詳しくは会った時に直接聞いてくださいな)

帰りは自走で来たわけだが、自分の街乗り車より全然速い!
エンジンはバリバリ調子良いし、フルクロスにローファイナルも入ってる(らしい)ので、
乗っててメチャ楽しい!

やっぱりGA2最高。
あ、バラードもね!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

2010JMRC栃木開幕戦

3月14日、今年も開幕しました。
メチャメチャいい天気で最高のジムカーナ日和。
Cimg2141

結果はS2クラス1位でした。
いちおー、オーバーオールだったみたい。

実際の走りはというと、正直いまいちな感じですっきりしない。
ターン、特に右ターンが引っかかり気味で、2本とも同じようなしょっぱいターンになっちゃった。
土曜日練習の左450°はクルクル完璧に回せたのに、日曜本番は右270°や8の字の右ですらもきっちりとは回せてない。
つまり左はいいけど、右がダメ。
うーん、車のせいと思いたいけど、ドライバーなのかな~?
しかもいつものごとく2本目タイムダウンしてるし。
表彰式後の練習走行(泣きの1本)であっさりベストタイムを更新するのも「いつもの如く」になってしまってる。

うーん、こりゃいかんなー。マジでいかんなー。
要(精神)修行だな・・・。

よし!サイドワイヤー変えてみよう!
(と、車のせいにして現実逃避)

でも、物は出るんかいな??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

ショック変更(リアのみ)

気づいたら間もなく開幕戦。(今週末)
いつもは3月下旬~4月上旬なので、2週間以上早い。
なのにバラードはメンテどころかほとんど動かしてすらいない。
あわててシーズンインに向けて作業を始めた。

基本、昨年の仕様のままだが、唯一リアショックを変えてみた。
フロントはオーリンズで2009年に仕様変更したばかりだが、リアは2002年にOHしたっきりのテクニカスポーツ(当時物)。
太いしフルタップだし(全長調整じゃないけど)良さそうではあるが、減衰調整がついてないのが玉にキズ。
そもそも中身が???

それで、部品取り車(元C車両)についてたオーリンズをOH&仕様変更して使うことにした。
作業はもちろんPBRにお願いした。
このPBR仕様ショック、ケースはオーリンズでも中身は全く別物のオリジナル仕様で、これがすごく具合がいい。
これでようやく前後ともPBR仕様になった。

これが新旧比較↓
Cimg2136

ところが、いざ車につけようとしたら問題発覚。
ショックのアッパー側のロッド径が太くてバラードの車体側カラーに入らない!
実はコレ、そもそもがAS用ではなくGA2用。
ま、これは部品取り車からカラーを取ってきて解決。(面倒だったけど)
さらに副産物としてカラーと一緒についてるゴムブッシュがノーマルより固いことを発見!
しかしこの車、剥ぎとれば剝ぎとるほどいろんな工夫がしてあるのがよく分かる。
「社外パーツがないならこうやれ」の見本って感じ。
このショックのネジ式アダプターだって本来合わないものをうまーく合わせている。
先人の創意工夫はすごい!と感心。

ショック交換後の感想は・・・良い!
流れ出しの感覚がつかみやすくコントロールしやすいので、積極的にリアを動かしていける。
(今までのは限界が高いくせに動き出すと収束しにくい)
何より減衰調整できるので、路面や温度の変化に合わせていける。
自分みたいな(コンディション変化にドラテクで対応できない)ドライバーにはとてもありがたい。
実際、昨日北ショートでテストしたら、あっさり自己ベスト更新。

とにかく乗っててスゲー楽しい。
やっぱ足って大事だね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

ロドのシート

MYロドはRSリミテッドというグレードなので純正のレカロフルバケがついているが、
これがかなりいまいち。

一応カーボン製なんだけど、ポジション高いし、ケツのところが幅広で収まり悪いしで何のためのフルバケか分からん。
サイドのベルトホールもないので、4点ベルトしても腹がきつくなるだけ。
手持ちのスパルコREVにつけ変えようと思ったが、一般的なレール(ブリッドとか)じゃ全然落ちないみたいだし、
下がると言われるレールは高いしで半ば諦めていた。
(純正のレールはフルバケなのに下留めなので、一般的なサイド留めシートには使えない)

そんな中、ドライビングパレットへ行った時にNA6ロドの方と知り合いになった。
そのロドのシートは結構低めっぽかったので試しにちょっと座らせてもらったらこれがベストポジション!
よくよく話をしてみたら、なんと近々レールを別のに取り換える予定とのこと。
渡りに船とばかりその場で譲ってもらう約束をしてきちゃった。

で、届いたのがコレ↓
Cimg2131

メーカーは・・・知らん。
ロド用ローポジレールで有名なイントルーダーに似てるけど。
スライド機構がないので乗り降りはかなりしずらいが(6点ロールケージなのでなおさら)、
ポジションはだいぶ低くなった。
でも、もうちょっと下げたい。
ステーの横に穴を開ければあと3~4センチくらいは下がりそう。(フロアまで下げられる)

どうせなら超々ローポジにしちまえ!と勢いに任せて始まったが、ステン?ジュラルミン?よく分からんがとにかく固くて文字通り「刃(歯)が立たない」。
手持ちのドリルはパワーが弱いのかステンレス用と銘打ってある刃を使ってもダメ。

結局諦めて既存の穴で取り付けた。
ま、これでも十分低いんだろうけどね。

あー、早くロドで走りたいよ~。

| | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

ノーマルボディに無限リアスポは如何に?

この前の記事で書いた無限リアスポ。
付けようかどうか迷っていたが、案ずるより産むがやすし、百聞は一見に如かず、

で、付けてみた。

といってもガムテープで仮止めしただけ。
どんな感じになるか試しにつけてみたわけだが、その結果は・・・

これ↓
Cimg2132

うーん、微妙。
まー賛否両論とは思うが、個人的にはいまいち。
ノーマルボディだとリアスポだけ浮いてしまう。
やはり無限フルエアロでなくちゃ似合わないか。
これならノーマルリアスポのほうがいいかな。

正直リアスポはあったほうがカッコいいと思うけど、でも重いんだよね。
あの形(ノーマル)で軽いのあったらいいんだけどなぁ。

つーことで、結論
これからもリアスポレスで行きます!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »