2010年10月 7日 (木)

欲張りは良い結果ならず?

昨日は休みで特に用事もないので、EFのフェンダー2枚と、ASのカーボンリアスポの塗装をすることに。
これだけの作業なら半日あれば十分だと思ったら、欲が出てしまい朝一からロド用にと手に入れてあった中古ホイールの磨きを始めてしまった。

気軽に始めたはいいが、ブレーキダストなのか鉄粉みたいのがビッチリとこびり付いていて、ものすごい大変だった。

ところがピカピカになったのを見たらさらに余計な欲が湧いてきた。
「これ、GA2にぴったりじゃね?」

今までは13インチの純正サイズだったが、ロド用のTE37、14インチ、オフ+28がついたらカッコいいかも、と考えたらいてもたってもいられず、タイヤの組み換えと装着までやってしまった。
そしたら車が泥だらけなのが気になりだし、結局洗車までして気がついたら14時過ぎ。
夕方用事があって16時にはやめなければならないので、残り2時間!

メインイベントは塗装作業、しかも足付けもまだしてないので、こりゃ2時間では終わらないよな~。
でも、なんとしても終わらせる!と気合を入れて作業開始。

で、結果、何とか終わった・・・が、不覚にもリアスポには垂れ作っちゃうし、フェンダーには虫がつくし、最後のひと吹きでダマが飛んでしまい表面がぶつぶつになってしまうしと散々な結果に。
Dsc00267 
急がば回れか。
つーか、余計な作業すんじゃねーっつーの!(自己反省)

(デモGA2、サラニカッコヨクナッタヨ)
Dsc00265 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

もてぎへ行ってきた(非走行)

Dsc00230
一昨日、10月31日の下見&打ち合わせにもてぎへ行ってきた。
現在、細かい部分について詰めの作業中。
もう少ししたら詳しいイベント内容などを告知できるかな。

公式はこちら↓
http://blogs.yahoo.co.jp/ballade433

このブログでも随時お知らせします。

上の画像はその時にコレクションホールの看板の横でパチリ。
うーん、カッコいい!

バラードはもちろん良いけれど、GA2もマジすばらしい車だね!
ASとGA2、さらにEF8を加えたこの3台だけは絶対に手放さないよ。

余談だけど、この帰り道エアコンがぶっ壊れた。
翌朝にはぬるい風しか出なくなり完全にご臨終。

直すか諦めるか…

そもそもR12ガスが手に入るのか??

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

CR-i パワーウインドウ化計画

Cimg2149
我がGA2はCR-iなので、ウインドウは手巻き。
競技車だったら手巻き大歓迎なんだけど、街乗り車では絶対的にパワーウインドウが欲しい。
運転席はまだしも、助手席のウインドウを動かすときは特にそう思う。

で、小豆GA2(CZ-i)からウインドウレギュレーターなど一式をはぎ取ったんだけど、問題はボディハーネス自体が違うので、カプラーオンとはいかない点。

仕方なくハーネスの解析を始めた。電気関係はまったく詳しくないんだけど、一本づつ追って潰していけば何とかなりそう。

あ、配線図見てたら、リレーを剝ぎとってないことに気付いた。
リレーなら汎用品でなんとかなるよね。
自動後退で買ってこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

D13C摘出

3月に引き取ってきた、小豆GA2。
エンジン&ミッションを摘出した。
本当はもっと前にやるつもりだったが、仕事が忙しくなり延び延びになってしまった。Sany0281

下ろしてみると、コンパクトかつ軽量なのがよく分かる。
B16Aはもちろん、ZCよりもずっと軽い。
排気量が小さいから当然と言えば当然なのだが、それにしても実に無駄のない作りをしている。
D13Cは世界の名機と言っても過言でないと思う。
だってツインカムでもない、ただのエントリーカー用エンジンだよ。
それがあんなに速くて、さらに普通に乗っても気持ちいいんだから、ホントすごい。

もう一つ驚いたのが、純正ボンネットの軽さ。
持った瞬間、軽いな~と思ったが、実測してみたら8.5kgしかない。
バラードの短いボンネット(ノーズがないから)だって11kgはある。
EFのなんてさらに重く、一人で持ち運ぶのも苦労するほど。

こんなところもエントリーカーでも激速のゆえんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

また増えちゃった

今日はこれ↓を引き取りに横浜まで。
Ts380375

といっても車を手に入れたわけではない。
ん~・・・どちらかと言うと「預かった」、のほうが近いのかな。
自分の物のだけど自分の物じゃないので。
(詳しくは会った時に直接聞いてくださいな)

帰りは自走で来たわけだが、自分の街乗り車より全然速い!
エンジンはバリバリ調子良いし、フルクロスにローファイナルも入ってる(らしい)ので、
乗っててメチャ楽しい!

やっぱりGA2最高。
あ、バラードもね!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

確実に温暖化か

もう一週間前になるが、毎年恒例のピットイン茨城・新年会で伊那サーキットへ行ってきた。
昼間はサーキットで走り回って、夜はおいしい酒と一粒で二度おいしい新年会だ。
例年コース上には積雪があるため、スタッドレスの普段乗り車でドリドリして遊ぶのが恒例。
中にはこの日のためだけにラリースタッドレスから果てはマカロニピンまで用意してしまうつわ者も。
なので、自分も通勤用GA2で行ったのだが、なんとコース上に全く雪がなく完全ドライ。
んー、これならバラードで行ってもよかったかな。

しかし、ここまで雪がないとは思わなかった。
地球は確実に温暖化に向かっているんだね。
温暖化に歯止めをかけるため、少しでも環境負荷を少なくする努力が必要だな。
ストップ・ザ(ジ?)・温暖化!
減らそうCO2!

と、ひとしきり思いを巡らせた後、GA2でコースイン。
全開バリバリだぜー!!

・・・

ん、なんか違くね?
まぁ、細かいことは気にしないということで。

走りのほうは所詮街乗り車なのでそれなり。
進入~コーナリングにかけては結構気持ち良く走れるけど、
そこから全然加速しない。
いくらGA2とは言え、20万キロ越えのノーマルエンジン&ノーマルミッションではこんなものか。
ま、通勤では燃費18キロ以上走ってくれるのだから、本来の目的としては超高性能車と言えるかな。

あ!毎日の通勤がこの燃費ってことは地球にやさしいじゃないか!

踏んで気持ち良し、踏まなきゃ燃費良し、素晴らしい車だぜGA2!


お後がよろしいようで。


追伸:
ピットイン茨城オフィシャルカラー(元)の関西ペイントPG80・カラーNo.480が廃盤らしい。
こりゃ~困った。
対策検討ちうでつ >HDKくん

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

後先考えず勢いで

明日(既に今日)は栃木・茨城・東京の合同ジムカーナフェスティバルの前日練習。
なので、21時頃からASのエンジンオイルとミッションオイルを交換した。

それはすぐ終わったのだが、いつもの悪い癖が・・・

オルタ故障のGA2、やっとの思いで帰宅したのは先のとおりだが、なんと代替品のオルタがもう届いていた。
素晴らしい。こういう業者さんは不況でも生き抜いていけるね。

【作業始めるとやめられなくなっちゃうの、ボク】

つーことで、勢いでGA2のオルタ交換を始めてしまった。
Ts380354_2

まぁ、オルタ交換なんて大した作業じゃない、ってそこのあなた!
それは確かに間違いじゃない。
しかしGA2には当てはまらないのだよ、アムロくん!(ウッディ大尉風に)

狭いエンジンルームにこれでもかってくらいに詰め込まれているGA2。

ASもかなりギッチギチだが、GA2はその比でない。
Ts380355_2
 ↑画像の○内はパワステポンプ、オルタはその下にある

ある程度要領は分かってるつもりだが、それでも2時間以上かかってしまった。
結局片付けまで終えたら午前様。

あ、関フェスの時と一緒じゃないか。
軽いデジャブーを覚えつつ…反省。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

エコラン?

昨日の通勤でオルタがいかれたGA2。
とりあえず職場まではたどり着いたが、帰りは・・・
バッテリーだけで家までの75kmを走破できるか!?
いざチャレンジ!と思ったが、無情にも雨が降り出す。
ワイパーフル稼働では絶対に無理。
諦めて、軽トラを借りて帰ってきた。

そして本日、再チャレンジ。
ヘッドライトはつけられないので、暗くなる前に帰宅できるギリギリの時間で早退させてもらった。

バッテリーは充電しておいたのでビンビンだ。
が、スペアバッテリーを用意しておこうと思ったのに、自宅に忘れて来てしまった。
どうしようか悩んだが、他に手はない。
ええい!ままよ!バッテリー1個(40B)でどこまでいけるか、チャレンジじゃー!

午後3時30分スタート。

始めのころは絶好調。
でも、先を考え余計な電気は一切使わないよう心がける。
オーディオはもちろんオフ。
ブレーキランプすらもったいないので、減速はエンブレ&サイドで行い、フットブレーキは最小限に。

40kmくらい走ったところで、時計の表示が暗くなってきた。
さらにブレーキを踏むと、インパネで煌々と光るチャージランプも暗くなる。
ついに来たか・・・でもまだ先は長い。
ここからフットブレーキは緊急時以外、一切使わないことにした。
危険かもしれないが、背に腹は代えられない。
もっとも、そうとう手前から減速を開始しているので、カマ掘られるような走りではないが。

こんな状態でも、エンジンはいたって快調。
息つきもなく、きれいに回ってくれる。
点火より燃ポンが止まる方が先かな?

残り10kmくらいのところで、完全に日が沈んでしまった。
ここから一気に暗くなる。でも、ライトはつけられない。
一刻も早く自宅まで・・・

残り5kmでオーディオが落ちる。
ウインカーの点滅に連動して、チャージランプと時計まで点滅状態。
でも、ここまでくれば止まってしまっても歩いて帰れるので気は楽だ。

そして、ゴール!

40Bバッテリー1個でなんとか75kmを走破した。
これもエコランチャレンジと言えるのかな~?

ハイブリッドの回生ブレーキが心の底から欲しいと思ったよ。

(余談)
このバッテリー、実は拾った物。
職場近くの道路脇に放置されていた。
充電してみたら復活したので、試しにGA2につけてそのまま使っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

1年もたたずに

091203_074501 今朝、GA2での出勤途中、踏切で一時停止してクラッチミートした瞬間、インパネの警告ランプが点いた。
と思ったら消えた。

ストールしかかった?
いや、きちんと発進したぞ。

なに?と思っていたら、また点いた。
よく見ると・・・チャージランプと排気温。
えーっ?オルタは今年1月にリビルトに変えたばかりだぞ。

しばらく見ていると、エンジン回転の上がり下がりでついたり消えたり。
もしかして、バッテリーの端子が外れかかってる?
車を止めて確認したら端子はきちんとついている。
緩んですらいない。

では、ベルトが滑ってる?と思ったがそれもない。

うーん・・・やはりオルタ?
交換して1年も経ってないのになぁ。
リビルトとはいえ、そんな簡単に壊れるもんなの?

オルタの購入先に問い合わせてみたら、すぐに代替品を送ってくれるとのこと。(1年保証)
この業者、レスポンス良く、きちんと対応してくれた。

でも、交換するの面倒だなぁ。(涙)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

連日の深夜作業2

今日、休憩時間を利用しプレスを使ってベアリング交換。

帰宅後、早速車両に組み付け始めた。

が、いきなりミスに気付く。

ベアリング押さえのスナップリングを入れるの忘れた。
さらにスプラッシュガードも付けてない。
これらはハブをナックルに圧入する前につけなくてはならないが、時すでに遅し。

うーん・・・
仕方なくもう一度ハブをスラハンで抜いた。
ハブを抜くともれなくインナーレースが取れてしまう。(ベアリングが分解してしまう)
本来は分解時ベアリング交換が原則なのだが、そんなことやってられない。
スナップリングとスプラッシュガードを付けたあと、そのまま元に戻してしまうことに。

自宅にプレスはないので、ドラシャのセンターナットを締め込んで、無理やりハブをベアリングに圧入した。

そんなこんなで時間がかかってしまったが、なんとかフロントハブベアリング交換完了。
試運転すると、あら、すごーく静かに。
やっぱ、あの異音はハブベアリングだったのか。

あ、明日は関フェスの前日練習。
こんなことしてる場合じゃ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧